私が初めて接骨院に行って良かったこと

私が21歳の時でした。朝、外に缶ゴミを出そうと思ってゴミ袋を持って、いつも通りに捨てに行きました。

その時に袋が破れており、袋から出た缶を拾おうとした時にまさかのギックリ腰になりました。前かがみになった途端に電気が走るような感じもあり、また動こうとすれば腰に激痛が走りました

玄関先だったので家族に助けてもらい、知人の紹介で接骨院に行きました。

接骨院に行くまでの道のりも一人で歩くこともできず、家族に支えられながら向かいました。

車で行きましたが、少しの段差や振動が腰に響き、悲鳴をあげたくなるほどでした。

先生に診てもらい、助手の方と先生に支えられながら診療台へ。初めは触られるのも痛くて先生も困っていました。

しばらくは軽い処置からでした。

そして来院回数を重ねるごとに症状が軽くなるように治療していくと言われました。

ギックリ腰をしてからは毎日通いました。激痛との闘いでしたが、少しずつ痛みはマシになっていきました。

また、わたしは先生に治療の中で姿勢も指摘されました。

ただ痛みを取るだけでなく、今後また同じことが起こらないようにと予防策も教えてくれました。

その予防策を日課として行うようになってから、元々あったはずの腰痛も緩和されました。

発症してからしばらくは本当に辛いですし、痛いです。冬はもちろんですが、夏も冷房などで身体が冷えます。

そうなると血流が悪くなってしまい再発しやすくなります。なので冷やさないように心掛ける事が大事です。あとは姿勢が悪い方もなりやすいです。

なる前の予防もしっかりする事が大切ですが、発症してしまったらまずは安静にする事。

そして出来る限り病院、もしくは接骨院に行ってください。その方が治る為の近道だと思います。

PR/ 健康マニアによる無病ライフ 英語上達の秘訣 女性向けエステ.com JALカード クレジットカードの即日発行じゃけん 住宅リフォーム総合情報 貯蓄 心の童話 ショッピングカート オーディオ