父のぎっくり腰、住宅街の中の整体院へ

ある日のことです、父が急に腰を痛めて歩くのも困難に。元々腰痛持ちでしたが特別なケアもしていなくて、寝れば治るという考えの人でしたのでこんな事で病院に行くのもイヤだという状態でした。ですがかなり痛そうですし、動くこともままならないので何とか説得して近所の整体院へ。

父を車に乗せて整体院へ行くのは一苦労でしたが、予約ができるおかげで、着いたらすぐ、待ち時間なくみてもらえて良かったです。

そこでぎっくり腰と言われ、処置をしてもらい、何とか立って歩けるまでにはなりましたが、まだ痛みはあるようです。

先生の話では、ぎっくり腰の痛み自体は病院にいってもどうする事もできないそうです。痛み止めのシップか飲み薬で散らすくらいとのこと。痛みが治まるまでにいかに痛みを悪化させないように、なるべく楽に生活できるようにするかが早く回復するために大事みたいですね。

そして3日間通い、無事回復しました。先生からは「ぎっくり腰の予防も兼ねて、元々の腰痛改善の為にも定期的に来てください」と指導を受け、月1回は通うようになりました。

それ以来ぎっくり腰にはなっていませんし、慢性的な腰痛も改善しつつあるそうです。