整体院でグラストンテクニックを体験

スポーツをしていて、腰を壊してから、疲労がたまってくると腰痛がひどくなります。椎間板が少し出ていて、軽いヘルニアになってるといわれましたが、これといった治療はなく対処療法を続けていくしかないといわれました。痛みが出てくると、トレーニングで追い込むことができなくなってくるので、定期的に整体に通っています。

私が定期的に通っているのは、グラストンテクニックというもので、金属の器具を利用して筋膜の癒着をリリースするものです。人の体は、故障している部位をかばうために、姿勢の乱れや筋の緊張が起こります。それがストレスとなって筋膜の癒着が起こり、可動域が狭くなったり、痛みが出たりするそうです。グラストンテクニックでその癒着をはがしていくと、可動域が正常に戻り痛みも和らぎます。施術中はすごく痛みがあり、休憩をいれながら施術を行っていきます。施術後はみみずばれのように施術箇所が赤く腫れたりします。しかし、腫れが引いていくとともに施術前に感じていた痛みが消えて、可動域が広くなり体が軽くなったのを実感することができます。

椎間板ヘルニアなどで姿勢が悪くなっている場合は、筋にストレスがかかった状態が長く続いているため、筋膜の癒着が起こっています。それが原因で痛みが出ていることがあるので、一度筋膜の癒着をリリースしてみてください。痛みがなくなったり、軽くなったりすると思います。